大阪市製材業協同組合 - 地球のために木を使おう

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
組合の活動

『ウナギの森づくり』に参加しました

 森と川と海をつなぐ命の森づくり運動『森は海の恋人in大阪』が平成25年5月19日(日)午前、高槻市立摂津峡青少年キャンプ場周辺で行なわれ、参集した約40人が落葉広葉樹を植林しました。大阪市製材業協同組合のPR委員会から有馬啓子委員長・渡部功・津田綾子・島崎公一の4名が嬉しそうに参加しました。

 主催は(一社)大阪府木連(会長・花尻忠夫氏)。同連合会の副会長津田潮氏(津田産業社長、大阪市製材業協組の監事)は、東日本大震災の復興住宅(宮城県で2×4住宅を建設)を手がけた折、気仙沼の漁師・畠山重篤氏の存在を知り、懇意になったそうです。

 牡蠣の養殖業を営む畠山氏は20数年前から「森は海の恋人運動」を主宰し、昨年、国連森林フォーラムから「フォレストヒーローズ」の一人に選ばれた世界的にも著名な人です。「森に木がなければ海は滅びる。生命が滅びる。全ての生命は森に活かされている」という確固たる信念の持ち主。彼の植林活動に取組む姿や著書に感動した津田氏は「大阪でも是非やりたい」と一念発起、大阪府木連の三宅専務や大阪府、森林組合の協力を得て本日のイベントが実現しました。

 加えて、先般NHKで放映されたドキュメンタリー「淀川のウナギ」をみて「淀川にもウナギがいるのだ。気仙沼は牡蠣、淀川はウナギにしよう。森を育てて淀川のウナギをみんなで食べよう」と思い立ち、大阪版のサブタイトルを「ウナギの森づくり」に決定したそうです。

 植林に参加した大阪商工会議所の中村新哉課長は「大阪には特産品が少ない。新大阪駅で一番売れているお土産はなんと伊勢の赤福です。情けない話です。それに、淀川水系の天然ウナギは大阪以外では人気はあるが地元大阪では不人気です。大阪湾は汚いという偏見を取り除き、大阪の特産品にしたい」と話してくれました。また、大阪ウナギを扱う北新地の料亭経営者も「アジ、イワシ,サバ,シラス等が水質の綺麗になった大阪湾で獲れるが、淡路島産とか和歌山産と産地偽装(?)して売られている。東京では高値で取引されているというのに・・・」と現状を憂いました。

 植林された苗木は約40本、樹種はカエデ・ヤマザクラ・コブシ・クヌギ・ナツツバキの5種類。根が絡んで掘りづらい土と格闘しながら植林した参加者は、日付と氏名とコメントを書き込んだプレートを苗木に吊って記念としました。渡部・島崎は2本、有馬委員長は楽しそうに1本植林しました。植林地の近くを流れるのは淀川水系の芥川です。

 NHKの取材(当日夕方のニュースで放映)を受けた津田副会長は「昨年6月、岩手県一関で催された【第24回森は海の恋人・植樹祭】に参加して感動した。森と川と海は一つに繋がっている。今回が第1回目だが20年、30年と続けて大阪の緑化に貢献したい。そして森を育てて海を綺麗にしたい。畠山さんは牡蠣、大阪はウナギです」とコメント。夕方のNHKニュースでは渡部委員の植林する真面目な(?)姿が映し出されていました。

 植林が終わった途端に雨が降り出した。なんとラッキーな!植林木に水を遣る手間も省けた!仕事を成し遂げた達成感の次に来たのが空腹感。仲間たちは、森林組合や津田産業の車に分乗して高槻森林観光センターに向かいました。昼食はB・B・Q、楽しいひと時を過ごしました。

ページの上へ

Copyright (c) 2011 osaka-shi seizai All rights reserved.