大阪市製材業協同組合 - 地球のために木を使おう

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
組合の活動

大盛況だった平林祭り大盛況だった平林祭り

大盛況だった平林祭り

 10月23日(日)に「第7回平林祭り」が開催されました。祭りは回を追うごとに来場者が増え、今年も開場前からたくさんの人が行列をして待っていました。一般社団法人平林会村上高兒理事長の開会宣言のあと、3度目の来場となった平松大阪市長の挨拶がありました。ステージでは地域のみなさんが、フラダンス、コーラス、太極拳、民謡、マジックとすばらしい芸を披露してくれました。

 各ブースでは、端材のプレゼントや、木材製品の販売など売れ行きもよかったようです。「木にふれよう」のテーマに添ったイベント「親子木工教室」や「木工・工作コンテスト」は、材料や道具が足らなくなるほど参加者が多く、うれしい悲鳴を上げていました。フラワーアレンジメント教室は、今年は花でショートケーキを作りました。 小さな子ども達も、かわいい手で花を生けていました。堀を利用した「キッズボート試乗会」では、毎回楽しみにしている、というリピーターも多く、普段は見ることのできない水上からの景色を楽しんでいました。午後には、羽曳野から「英雄戦隊 コーダイガー」が駆けつけて、祭りを盛り上げてくれました。

大盛況だった平林祭り

 製材組合から、「㈱協同ウッド」「大秀木材㈱」「津田産業㈱」が出展しました。他に祭りの実行委員や当日スタッフとして、メンバーが活躍しました。

 今年は、新北島中学校の生徒さんが30人近くお手伝いしてくれました。受付でのプログラム配りや、場内清掃、ゴミの分別作業など、大活躍でした。

 木工コンテストの表彰式のあと、「みなさん、ありがとうございました。来年も開催します。また、来て下さい。」と島津実行委員長が挨拶をし、終了となりました。

大盛況だった平林祭り
ページの上へ

Copyright (c) 2011 osaka-shi seizai All rights reserved.