大阪市製材業協同組合 - 地球のために木を使おう

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
組合の活動

平成26年3月6日(木)に平林小学校で出前授業をしました

 平成26年3月6日(木)午後1時45分から平林小学校多目的教室で、あかね材認証機構(三重県木連内)主催・PR委員会共催の「あかね材・環境学習」が開かれました。
対象は4年生39名です。

 【あかね材】とは、スギノアカネトラカミキリなどスギ・ヒノキのせん孔性害虫(樹木の樹皮下にもぐり、内樹皮や木部を食い荒らす害虫)による被害を受けた木材のうち、品質・規格が確かなことを「あかね材認証機構」によって認証された木材製品のことです。被害の程度により等級がつけられていて、上級のものはムシ穴ひとつ見当たりません。以前はきれいな部分も全て商品価値がないとして、伐採してもそのまま山に放置されていたということです。
 あかね材認証機構はかねてよりあかね材の普及促進に取り組んでいました。三重県以外の他府県での啓蒙活動に乗り出し、昨年夏、大阪府木連を通じて木材PRに熱心な当PR委員会に「あかね材を大阪平林地区の小学校の教室に使えないだろうか」と打診がありました。有馬委員長が中心となって近隣の小学校や教育委員会に働きかけ、平林小学校多目的教室への使用許可がおり、昨年末にリフォームが完成しました。

 当初、教室のリフォームは腰壁のみの予定でした。が、大阪みどりのトラスト協会が新たな支援先となって床にまで拡大、従来のカーペット仕様がスギのフローリングに変身し、木の香りとぬくもりのある素晴らしい教室に生まれ変わりました。
 あかね材提供(材工込)の条件が「あかね材・環境学習」の開講でした、3月6日の出前授業当日には三重県からあかね材推進部長の久保敦子さんらが、講師として来阪しました。あかね材連絡協議会のメンバーでもある和歌山県・トラスト協会からも見学者が訪れました。

 お土産の「あかねちゃん学習セット」を配布したあと久保講師が中心となってエコブランド「あかね材」のDVDから授業はスタート。子どもたちは地球環境と木材の関係を学び、クイズ形式(約15問)の授業は大いに盛り上がりました。授業終了時にはお土産で配った「米ぬか」の袋で全員が床磨きを行いました。イメージキャラクター「あかねちゃん(扮するは湯川昌子PR委員長)」が一緒に学習し、子どもたちの人気者になりました。
 なお、この環境学習の様子は『産経新聞朝刊 = 平成26年3月23日付 = 』に大きく取り上げられました。

ページの上へ

Copyright (c) 2011 osaka-shi seizai All rights reserved.