大阪市製材業協同組合 - 地球のために木を使おう

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
組合の活動

第51回通常総会が開催されました

 平成26年6月12日(水)午後4時30分より、第51回通常総会がコスモスクエア国際交流センターにて、組合員31名(委任状15名含む)が出席して開催されました。

 審議に先立ち、荒尾理事長が「この10年で9社の組合員が退会した。後継者問題と組合員の高齢化が組合にとっての喫緊の課題です。」と挨拶いたしました。 続いて有馬啓子理事を議長に指名し、上程4議案を審議しいずれも原案通り承認可決されました。

定款の一部変更=理事6人又は7人→4人又は5人=承認に続いて、役員改選が行われました。5期10年理事長を務めた荒尾哲氏が退任いたしました。 新役員は次のとおりです。

 理事長   尾﨑龍一  (協和木材産業㈱)
 副理事長  湯川昌子  (大信製材㈱)
 理事    有馬啓子  (㈱協同ウッド)
 理事    前重興亮  (㈱松前木材店)
 理事    清水勝良  (㈱清水木材商会)
 監事    津田 潮  (津田産業㈱)
 監事    渡部 功  (㈱昭林)

退任された荒尾理事長、上野副理事長、良峰理事、高森監事のみなさん、 長い間ありがとうございました。

最後に尾﨑龍一新理事長が、
「伝統ある組合を引き継いだ。組合の財産を堅実に運営して配当ができる仕組みを構築したい。業界が大変貌した中で全員が同じ方向を向くのは、難しく接点も見つけにくい。あくまでも木材を中心にしながら、多岐にアンテナを張り巡らし、よりよい組合を目指したい。」
と、所信を語り閉会しました。

ページの上へ

Copyright (c) 2011 osaka-shi seizai All rights reserved.