大阪市製材業協同組合 - 地球のために木を使おう

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
組合の活動

『第4回木材環境セミナー』を開催しました

平成26年11月14日(金)午後6時半より、第4回木材環境セミナー【今、木育が世界を変える】を、住之江公園駅前のオスカードリーム3階「オスカーホール」で開催しました。終業後の時間にも関わらず、木材業界始め各方面から170名以上の来場者がありました。

4回目となる今回登場した講師は「木育」の第一人者山下晃功(やました・あきのり)島根大学名誉教授です。テーマは「木育が世界を変える~木のおもちゃ、木育の世界を切り拓く~」。講演は①木の世界の復権②木の国日本の実態③日本人は光合成を知っているか④林野行政の変化、の4項目を導入部にして本題の⑤木育と木のおもちゃに移りました。山下先生は、時に叱咤激励しながら、熱く語りかけます。

観衆を眠らせない秘訣として、先生は、ご自分の個人情報を小出しにしながら「50年の木造暗黒時代を経て日本は木の国に戻ろうしとしています。その証拠が東京スカイツリー。日本訳は【東京空木】、60年前の東京タワー(東京鉄塔)は鉄です。木材にとってこんな追い風の時代が来るとは思わなかった」と話されました。また自身の人生哲学「不易流行」の意義を噛みしめつつ全国木育キャラバンを実施し、あかちゃん広場、木育フェスティバル、ウッドスタート事業等々、各地での木を使っての子育て支援事業を紹介されました。最後に山下先生は、スローガンに掲げる「木づかいで元気森々(もりもり)」「木育でみんな生き生き」を高らかに宣言し、90分間の講演が終了しました。

ページの上へ

Copyright (c) 2011 osaka-shi seizai All rights reserved.