大阪市製材業協同組合 - 地球のために木を使おう

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
組合の活動
トップページ > 組合の活動 > 住之江区役所に「木のたまごプール」を寄贈しました

住之江区役所に「木のたまごプール」を寄贈しました

大阪教育大学の永富教授が考案した加工機を使って、当PR委員会・新北島中学校とともに製作中の「木のたまごプール」がさきごろ完成し、 住之江区役所に寄贈しました。贈呈式は平成28年3月30日(水)午前10時より、住之江区役所において挙行されました。プレゼントしたのは「木のたまご」約4700個と固定木枠と移動用枠、説明用パネルです。 「木のたまご」の原料は、平林の材木屋が無償提供した国産のスギ、ヒノキに外材のスプルースなどの端材や、住之江区の公園等に生えているセンダンなどです。永富教授が制作し、最終工程の「磨き作業」は新北島中学校の生徒たちが担当しました。

木のたまごプール

挨拶する永富教授

贈呈式の冒頭、永富教授は「木は暮らしを支え、社会や環境にも重要な役割を担っている。木のたまごプールは、小さな子どもたちがまず実際に木に触れて楽しんでもらう絶好の場です。住之江区役所をキーステーションにして全国に広げたい」と挨拶。続いて高橋区長(当時)が謝意とともに「木の良さを3点あげます」と前置きして「①作るときにCO2を排出する鉄などと違いCO2を吸収する②木の部屋にいると免疫力が増し健康になる③心、情緒が安定する。このプールで木の良さを感じとってほしい」と述べてテープカットに移り、子どもたちが一斉にプールに飛び込みました。

感謝状贈呈

説明パネル

贈呈式には高橋区長(当時)・区職員はじめ永富教授・原口新北島中学校校長(当時)と生徒達・中村大阪府木連会長・村上平林会理事長・尾﨑市製材協理事長並びにPR委員が出席しました。「木のたまごプール」は、区役所1階「きずなステーション」に常時設置していますので、ぜひ遊びに来てプールに入り木の感触を確かめて下さい。
PR委員会は、日本中に『木のたまごプール』の設置が広がることを願っています。特に保育園・幼稚園、小学校・中学校や高齢者向けの施設などには『木のたまごプール』はあって当たり前の施設となるように切望しています。

ページの上へ

Copyright (c) 2011 osaka-shi seizai All rights reserved.