大阪市製材業協同組合 - 地球のために木を使おう

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
組合の活動
トップページ > 組合の活動 > 「森のママまつり」に出展しました

「森のママまつり」に出展しました

平成28年11月3日(木)大阪府などが主催する「森のママまつりin大阪ATC」に出展しました。前回同様、木育フォーラムと共催です。今年は「木のたまご」の販売、「木のたまごのプール」と「木のすべり台」を出展しました。「木のたまごプール」は、小さな子どもから小学生まで大人気!いつも子ども達が入っていて、大賑わいでした。
赤ちゃんもそっと座らせてもらうとおとなしくて、そのうち近くのたまごを触り始めます。そばにいるママに手渡す子もいました。とても微笑ましい光景でした。

同じATCの11階では 「第2回木育・森育楽会」が開催されました。
実行委員長は川井秀一京大総合生存学館学館長。準備委員長は永富一之大阪教育大学教授で、運営委員には山下晃功島根大学名誉教授もいらっしゃいます。開会式のあと、「おおさか木育、今昔物語」というテーマで米地PR委員会副委員長が、新田章伸氏(NPO法人里山倶楽部副代表理事)と講演しました。
その後、いくつもの分科会やワークショップが開催されました。永富教授が担当したワークショップ「不定形の木玉を使った工作体験」では、ヒノキの木のたまごと美しく編み込んだ紐を使いストラップを作りました。(考案者:大久保真弓氏)大人気で予定していた木のたまごはあっという間に売り切れました。展示された「木のたまご製作機」も、多くの人々の関心を集めました。2Fの会場でも「この機械はどこにあるのですか?」という問い合わせがあったほどです。
いろいろな人の知恵と力を結集して、「木を使うことはすばらしいこと!」ということが広がるといいなと思った一日でした。

ページの上へ

Copyright (c) 2011 osaka-shi seizai All rights reserved.