大阪市製材業協同組合 - 地球のために木を使おう

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
育った年月の倍以上生き続けるヒノキ
空気って?
法隆寺に見るヒノキの寿命

一見とても頑丈そうに見える鉄筋コンクリートの建物。 しかし、時間を重ねるうちに鉄は錆び、コンクリートは劣化していきます。いつか必ず寿命が訪れます。
日本建築学会の調査によると、築後40年も経たないうちに、鉄筋コンクリート建築の半分以上は、取り壊されているといいます(※1)

では、どんな材料でつくられた建物が長持ちするのか。我が国には世界に誇る建造物があります。その一つは、607年(推古15年)に推古天皇と聖徳太子が奈良・斑鳩(いかるが)の里に開いた法隆寺。五重塔は建立から1300年以上を経て、今もなお建ち続ける世界最古の木造建築です。

1993年に五重塔を含む法隆寺が、日本ではじめて世界文化遺産に指定されました。実はまさに木、それもヒノキでつくられたからこそ、人類の遺産となった建築物なのです。

目の健康にいい木の学校

五重塔は幾度も修復されていますが、柱や梁、桁など肝心なところはすべて創建当時のヒノキであり、どれも樹齢1000年以上のもの。それが1300年以上経っても朽ちることがありません。修復に携わった名棟梁の故西岡常一さんによれば、その表面をカンナで削ると、ヒノキ独特の香りを放ったといいます(※2)

ヒノキは1300年経っても生きている。ここにヒノキならではの半永久的といえる強靱さの秘密があります。実験によると、ヒノキの曲げ、圧縮などの強さは、伐られてから200年ほどの間にだんだん強くなって最大30%も強度が増し、1000年ぐらい経って新材と同じ強度に戻ります(※3) 。つまり、育った年月の倍の年数は、その強度を保ち続けることができる木なのです。


日本のヒノキは、植えられてからほぼ60年を経た時期に伐採され建材になります。法隆寺とはいかないまでも、世代を超えて100年以上は確実に持つ家が、このヒノキを使えば建てられるのです。
現在の住宅には「日本住宅性能評価基準」が定められています。どれくらい長持ちするか「劣化の軽減」についての等級で、ヒノキは75年から90年も持つことが認められている一番高いグレードの等級3を得ています。 末永く住み続けられる家はヒノキでつくるべきであることを、法隆寺の五重塔は私たちに教えてくれるのです。

(※1) 『木づくりの常識非常識』上村武著、学芸出版社
(※2)、(※3 ) 『法隆寺を支えた木』西岡常一、小原二郎著、NHKブックス


住宅性能表示制度でも認定されたヒノキならではの劣化のしにくさ
住宅性能表示制度とは、国土交通大臣が定めた「日本住宅性能表示基準」に基づいて、住宅の性能を比較できるようにしたもの。 木造軸組工法の「劣化の軽減」には、3つの等級が決められ、等級1は「建築基準法に定める対策が行われているもの」。等級2は「構造躯体が2世代(50年~60年)もつ程度の対策が行われているもの」。
等級3は「構造躯体が3世代(75年~90年)もつ程度の対策が行われているもの」となっています。
子マウスの生存率
木の家が生き物にとって最良なのには理由がある
静岡大学農学部でマウスを使ったこんな実験がありました。木製、金属製、コンクリート製の飼育箱にマウスを入れ、それぞれ8週間飼育してから交配させ、生まれてきた子マウスを観察しました。木製の飼育箱の存在率は85.1%だったのに比べて、
金属製では41.0%、コンクリート製ではわずか6.9%しか生き残りませんでした。
また、発育状態や生殖器の成長でも木製以外は大きく差がつきました。実際には、
金属やコンクリートだけでできた家はありませんが、少なくともこの実験を見る限り、生き物と木の相性はよいと言えそうです。

ページの上へ

Copyright (c) 2011 osaka-shi seizai All rights reserved.